私が今までしてきた婚活2

お疲れ様です。

ヘビ美です。

 

さあ、私がしてきた婚活シリーズ二つ目。

続いては【友達の紹介】です。

 

これがダメだった理由は以下の通り。

 

①紹介してくれる友達が少ない

②紹介してくれた友達に恋愛が筒抜け

③一対一の効率の悪さ

 

はい。

まず①からですが、私は友達が少ないんです。

いないわけではないけど、軽い感じで「ね〜ちょっと男の子紹介してよ〜」って言える友達なんて極僅かです。

そして、その極僅かな友達の中で、彼女がいなくて出会いに積極的な男友達がいる友達というと、さらに少なくなりますよね。

この時点でもうかなり狭き門を狙う形になっているのですが、最大の問題が私にあります。

 

私は見た目も中身もあまり良くない。

だから仲の良い女友達でも、「ヘビ美を誰かに紹介しよう!」と思わない。

 

当たり前ですよね。

私を紹介するメリットがない。

顔がアレでもせめて性格がよければ、男友達を紹介しても良いかなと思うでしょうが、私は性格も別に良くない。

そもそも中身はともかく、顔があんまり可愛くない時点で紹介されてもきっと男性陣は微妙な気持ちになりそうなもんですよ。

 

そういうわけで、もともとの友達の少なさ×男友達がいる友達の少なさ×私を紹介しようと思ってくれる友達の少なさ=少なさの三乗です。

三乗っていうか惨状ですね(うまい)

 

それでも私は友人には恵まれているようで、私に男友達を紹介してくれた人も過去には数人いたんです。

ありがたい話です。

 

しかしそこでぶち当たった問題が②です。

 

運良く友達の男友達を紹介してもらい、連絡を取って会うところまでこぎつけます。

そうすると後日、必ず聞かれるんですよ。

紹介者から「あいつどうだった?」

 

これは良いんです。

もちろん聞く権利あります。

ありますよ、自分が紹介した二人がうまくいくかどうか気になるのが普通だし、なんなら少し手を貸してくれようという気持ちがあるのかもしれません。

 

でもそれがずっと続くんですよね。

会うたびに「その後どうなった?」

 

しまいには、

「そういえば〇〇行ったらしいね」

「〇〇の話したんでしょ?」

「あいつ〇〇って言ってたよ〜」

出るわ出るわ、私が話していない内容までどうして知ってるの…

 

これ地味に怖くないですか?

怖いというか、一対一の恋愛って普通は相手の気持ちはわからないじゃないですか。

察するしかないものですよね。

それを、この紹介者という第三者はすべてわかってるんです。

小説でいうなら、「作者」という神の立ち位置ですよ。

どっちの気持ちも知っていて、アドバイスはもちろん気に入らなければ壊すこともできる立場です。

私が送ったLINEやら何やらも、もしかしたら見てるかもしれないんですよね。

「あーあいつ普段とキャラ違うわぁ」とか「攻めてるね〜」とか、まあ友達のことここまで疑うのも良くないですけど、何かやらかせばそれがすべて筒抜けな恋愛と思うとやっぱり頑張れないんです。

 

せっかく紹介してもらって、話も合うし楽しいと思って前向きにいきたいなと思っても、ちょっと甘えたり可愛いオンナを演出したことがもし友達にバレたら…

大胆な行動も筒抜けだったら…

 

慎重に慎重に、友達に筒抜けになっても恥ずかしくないよう、甘い雰囲気など出さずにいつもの自分で冷静に…

 

と頑張った結果、私には大切な男友達がまた一人増えました^^

 

 

 

もうここまでで十分オチはついたと思うんですけど、最後の③。

 

結局こうやって低い確率をくぐり抜けて出会っても相手は一人なんですよね。

しかもアリかナシかの絶対評価

 

合コンの相対評価に散々文句言ったけど、合コンはある意味その相対評価を利用すれば(つまり周りに自分より可愛くない子を並べれば)一位になって良く見える可能性があるわけですよ。

 

でも紹介で一対一の出会いとなると、せっかく出会ってもどちらかが全然好きになれなそうだったら終わり。

一位がダメなら二位、三位と続かない。

 

複数の選択肢があると、なぜか人は「どれか一つを選ぼう」って、必ず一つを選ぶ前提になるんですよね。

でも一つしかないと「選ぶ」か「選ばない」かになってくる。

選ばない可能性も大いにある。

 

ものすごく低い確率の中でお願いして紹介してもらっても、出会えるのは一人。

 

そしてその効率の悪さをくぐり抜けてあるのは、友達という神の目の降りそそぐ恋愛世界です。

 

効率悪い。

 

時に大胆さも必要な恋愛で、やっぱり友達の目があると恥ずかしい。

 

相対評価の合コンでも勝てない、絶対評価では勝てたとしても茨の道な上に常にハイリスクがつきまとう。

 

やはり友達に頼るのは、デメリットの方が多い!

 

ここは友達に頼らず、自分の恋愛力を解放できる場にいこう!

そして合コンのような同じカテゴリ内女子で争うのではなく、もっと色々な同性がいる場所にしよう!

そこで出会いの絶対数を増やしてとにかく好きになれそうな人に出会おう!

 

…多少の出会いの不自然さはひとまず置いておこう!

 

そんな私が次に選んだのは【街コン】です。

 

ではまた次回。

 

私が今までしてきた婚活1

お疲れ様です。

ヘビ美です。

 

今日は私が今までしてきた婚活について、それがうまくいかなかった理由を分析しながら書きます。

 

まず私がしてきた婚活。

約五年間のメニューです。

上から順に挑戦しました。

 

合コン

友達の紹介

街コン

婚活パーティー

結婚相談所

 

まあスタンダードですよね。

スタンダードっていうか、よくたった数年間でそこまでいったなって感じかも。

 

一つずつ、うまくいかなかった理由を考えながら書いていきますね。

 

と、その前に私のスペックも書かないとイメージが湧きにくいですね。

正直に書きます。

 

顔:中の下。シンプルなタイプのブス。

性格:悪い。短気でネチネチ系。

仕事:してる。お堅め。

金:ある。堅実です。

趣味:インドア派。外にも出るけど結局インドアな趣味のために出るタイプ。

 

こんな感じ。

ではさっそく一つ目の婚活、合コンから。

 

【合コン】

合コンに励んでいたのは婚活初期の若い頃ですね。

彼氏を作るには一番手っ取り早いというか、当時はお誘いも多かったので積極的に出会いを求めていました。

このときはまだ自分が結婚できないのは出会いがないからだーって思ってましたから、他の原因なんて考えもせず数打ちゃ当たるだろ、と。

 

でも甘かった。

 

私が合コンで負け続けた理由は三つあります。

 

①女友達の前で「オンナ」を出せない

②グループ内で比較されると弱い

③合コンに魅力的な男はいない

 

まず①から。

合コンは友達同士で行きますよね。

女性陣はみんな知り合いのパターンが圧倒的でした。

そうすると私は、友達の前で男を落とすための振る舞いができなかったんです。

例えば普段の友達同士の飲み会なんて、サラダは箸でつつき合ってるんですよ。

それを合コンだからって急に「取り分けまーす」とか鼻にかかった甘い声で言えない。

おまえそんなキャラじゃないだろ、って友達に思われるのが怖くて言えない。

もちろんイケメンに積極的に話しかけるとかも無理。

おまえこの(女子グループ)中でも一番ブスなのになんでイケメンに食いついてんだよ、って思われそうでいけない。

とにかく友達の目が気になって何もできない。

だからって友達といるときのようなただの盛り上げブスに徹すると、場は盛り上がるけど合コン的な成果は当然ゼロ。

もしくは男性陣の同じような盛り上げ役の人とネタ的にくっつけられようとするのみ。

 

そして理由の二つ目、②について。

合コンは3対3とか4対4とか、とにかく少人数対面ですよね。

周りには高校の友達とかゼミ仲間とか職場の同僚とか、カテゴリが同じ女がいるんですよ。

そうすると無意識に比べられません?

いや私もそうなんです、男性陣見て、事前にわかってる「今日の合コン相手は銀行マン」って情報があって、その銀行マンたちが横並びで出てきたら無意識に一番顔がかっこいい人見ちゃいません?

そんで順位付けません?

 

もちろんその後の会話や振る舞いで多少の順位変動はあるものの、そもそも合コンで初対面の異性に嫌な態度取る人ってそうそういないじゃないですか。

話し方がキモいとか暗いとか、多少はあるかもしれないけどそんなに多くないし、みんな空気読んで頑張ろうとしてるわけで。

 

だからね、わりと純粋な顔面勝負なんですよね。

私ブスなんですよ。

救いようのないブスではないけど、なんかブス。

目が腫れぼったいし鼻やら口もちょっと下品な感じっていうか。

シュッとしてない。

妙に幼顔で、化粧とか髪とかいじっても垢抜けて見えにくいタイプで、とにかく同世代と並ぶと見劣りするんです。

そういう意味で、大学やら仕事やらで何かしらが同じレベルに立っている女の子達と並ぶ合コンという場では、絶対に選ばれない。

他の子と並ぶとブスが目立つから、男たちも「こいつはないな」ってなるんでしょうね。

しかも顔ひっくり返せるほど他の魅力もないですから。

 

③はもう言わずもがなですよ。

①とか②とか私側の原因は置いといて、結局それでも合コンでモテるよう頑張ろうと思えるほど魅力的な人はいませんでした。

恋に落ちることがないんですよ。

さっきも書いたけど、みんな初対面だからほどほどに感じ良くて、色んなものが同じような人たちで。

それでたった数時間しか一緒にいないんですよ。

その状況で、この人と付き合いたい!頑張るぞ!なんて思えるほど激しく燃えるポイントって外見以外ない。

でもそんなイケメンは合コンに来ません。

少なくとも「私が」呼ばれるような合コンには来ません。

イケメンは合コンなんかしなくても彼女できるし、彼女いなくて合コンしようとしても可愛い子に頼んで可愛い子集めさせるに決まってます。

 

外見くらいしか「この人のこともっと知りたいな」と思えそうなポイントが見つけられない合コンという場なのに、外見の良い男はいない。

そりゃ何にも繋がらないわけですよ。

私が行く合コンに良い男なんて来ない。

お互い様ですけど、そんなんだからお互い頑張らないわけで、何のアプローチのしあいも生まれませんでした。

 

以上が私が合コンに負けた理由です。

 

女友達の監視の目を気にする必要がなくて、比較でブスが目立たなくて、好きになれるような人に出会える方法に変えなければ!と思った私が次に挑戦したのは、【友達の紹介】でした。

 

つづく。

独身という犯罪

お疲れ様です。

 

独身こじらせ女のヘビ美です。

 

タイトル「独身は犯罪」。

 

私はもちろんそうだとは思いませんよ。

でも世間ってそう扱うよね、って話です。

 

大げさな、と思うかもしれません。

少し前までは私もそう思ってました。

ドラマとかでありますよね、アラサーの独身女の主人公が「独身がそんなに悪いのかよっ」とか言っちゃう系の話。

 

ああいうの見て、「まあ確かに周りからあれこれ言われるのはウザいだろうけどそんなに言うほど酷い扱い受けてないんじゃね?」くらいの気持ちでいましたよ。

私も。

 

でも最近ようやくわかりました。

二十代も終わりが見えてきて、周りはどんどん(本当に凄まじい勢いで)結婚していって。

 

あなたはまだなの?彼氏はいるの?って話になるんですよ。

 

ここまではいい。わかる。

こんなの世間話の範疇ですよ。

気にする意味もない。

 

で、私は素直に答えるわけです。

「したいんですけどねー、なかなかできなくて。相手もいないし」

そうすると次の質問。

「どんな人がいいの?高望みしてるんじゃない?」

これもまあ世間話の範疇。

(でも、じんわり酷いよね。適齢期に独身だと高望みって決めつけてかかられるの)

 

で、まあ希望を述べるんですよ。

とはいえ私ももう自分にそれほどの価値がないのは周りの人々のとてもあたたか〜い助言のおかげで嫌という程理解していますから、本当に譲れない条件だけを言う。

 

「穏やかな人がいいですね…」とか。

 

もちろん他にありますよ、そりゃ真面目に仕事してる人がいいし、生理的に無理な清潔感のない人は嫌。

子供を欲しいと思ってくれる人がいいし、なるべくなら体の健康な人がいい。

 

でも言わない。

言わないと、聞かれる。

「他には?他には?顔は芸能人でいうと誰?年収は?だってあんまり少ないと困るでしょ?」

 

でもこれは罠ですから。

ここでうっかり、「芸能人なら俳優の岡田将生くんみたいなタイプが好きですね〜、年収はそりゃ多い方がいいですよ〜800万くらい?」なーんて言ったらすぐに言われる。

 

「ほら!!!高望みしてるから結婚できないんだよ!!!」

 

ね。

そりゃ顔だってかっこいい方がいいし年収だって高い方がいいでしょ。

でも別に望んでないんですよ。

だってそんな男が自分選ぶわけないって知ってるから。

だから穏やかで一緒に人生歩んでいけそうな人ならもうそれでいいんですって。

それだけを条件に挙げたのに。

 

他人は罠を張るんです。

 

「だから結婚できないんだよ」って言うために。

 

この罠は実は結婚の話をしているときだけに張られるものではありません。

 

二十代後半を迎えた未婚の女性なら、いつでもどこでも、この罠にかからないよう気をつけて過ごさなければならないんです。

 

例えば普段の生活で。

 

うっかり忘れ物をする。

忘れ物じゃなくても、寝坊とか、ボタンが外れるとか、なんでもいい。

 

「そんなんだから結婚できないんだよ」

 

こう返ってきます。

だって独身だから。

 

 

 

職場の飲み会。

もう後輩がいるので、取り分けや注文などは彼ら彼女らに任せます。

先輩がやってたら気を使わせちゃうから。

 

そうするとまた言われる。

「ほら気が利かない〜だから結婚できないんだよ」

 

 

 

髪を切ります。

短く。ショートカットとか。

 

「そんなに髪切っちゃって、モテないよ?」

 

「ショートカットってやってみたかったから…」なんて返せばすぐに。

 

「だから結婚できないんだよ。もっと男ウケとか気にしたら?」

 

 

 

仕事でも。

 

ミスをすれば「こんな簡単なこともできないんだもん結婚できないわけだよ」

 

ミスを一切しなければ「そんなにバリバリ働いているんだもん結婚できないわけだよ」

 

 

 

もちろん多少オーバーに書いてますけど、本当にこんな場面が増えてくるんですよね。

 

そんなに悪いことしたかな?ってくらい。

 

みんな私が独身でいることの、結婚できないことの理由を探して、それを指摘したがる。

鬼の首を取ったように。

 

 

 

だから「独身は犯罪」なんですよ。

 

そこには理由はない。

あるわけないです、結婚したってしなくたって自由ですよ。

 

でも人は、なぜか独身を犯罪だと思っているんです。

 

だからその理由を見つけたくなる。

どうしても、私が独身という犯罪者であるから、悪い場所を探してしまうんです。

 

独身、それ自体に罪はないのに、それが悪いことだと思っているから、だから他の、忘れ物とかミスとかどんな些細なことでもいいから「悪いところ」を見つけて、やっぱりね独身は悪いやつだよほらねほらねって言いたくなる。

 

 

 

私だってそうですよ。

独身の四十代の人を見たら「きっとどこかに問題があるんだ」って無意識に思ってる。

 

厳しい上司なら「あの性格だもんね」

 

フレンドリーな先輩なら「落ち着きないもんね」

 

これが既婚者だったら、厳しくてもフレンドリーでも何も思わないのに。

 

独身だけは許されない。

どんな部分も全部、それが独身である理由だと、悪い部分だとして扱われる。

 

 

 

生きづらい世の中ですよね。

 

独身は、常に他人に「だから結婚できないんだよ」って言われる恐怖に怯えながら、聖人君子を目指し続けなきゃいけないんです。

 

 

 

ずぼらな面は出してはいけない。

 

身だしなみは完璧に整えなくてはいけない。

家事にもしっかり取り組まなければいけない。

 

他人のミスを厳しく指摘してはいけない。

いつでも優しく、年相応の落ち着きを持たなければいけない。

 

週末遊びに行ってはいけない。

しかし家にこもっていてもいけない。

 

ペットは飼ってはいけない。

趣味に熱中してはいけない。

 

残業はしなくてはいけない。

しすぎてもいけない。

 

お金は稼がなくてはいけない。

稼ぎ過ぎてはいけない。

 

食べられないものがあってはいけない。

 

一人暮らしをしなければいけない。

しかし長く続けてはいけない。

 

家族と良好な関係を持たなければいけない。

ただし頻繁に会ってはいけない。

 

友達はいなければいけない。

しかし頻繁に会ってはいけない。

 

一人で行動できなければいけない。

しかしし過ぎてはいけない。

 

求めていなくても結婚に対する他人のアドバイスには必ず素直に従わなければいけない。

 

 

 

だから結婚できないんだよって言われても必ず笑顔で受け入れなければいけない。

 

 

 

そうじゃないと、だから結婚できないんだよ!!!って言われちゃいますよ。

 

言われてもいいんですけどね。

だってきっと本当にそうなんでしょうから。

 

私が結婚できないのは、「だから結婚できないんだよ」って言われたときに笑顔でうまく流せなくなっているからだし、仕事で小さなミスをするからだし、家事をサボる日があるからだし、ペット飼ってるからだし、一人暮らし長いからだし、嫌な上司の悪口を言うからだし、たまに二日酔いになるからだし、趣味にお金を使うからだし…

 

 

 

原因がこんなにあるんだもん。

当たり前ですよね。

本当にすみません。

こんなに悪い奴だから結婚できないんですよね。

 

もう許してください。

結婚は諦めますから…

 

 

 

「まだそんな歳じゃないでしょ」

「子供欲しくないの?」

「親に申し訳ないと思わないの?」

「結婚しないでどうするの?」

「仕事がそんなにできるわけでもないのに…」

「まあその性格だもんね」

 

 

 

こんなに言われたらそりゃ性格も歪むって!!!

 

何もかも諦めて白旗上げたくなるって!

でもそれも許されないなんて!

 

自分より少し上の、三十代半ばくらいの女性に「もう諦めたよ」って言う人が多い理由がわかりました。

結婚ができなかったんじゃないんですね。

 

この果てしなき犯罪者扱いに疲れて疲れて疲れ果てて、結婚なんて土俵には立たないよ、もう許してください世間の皆さん、ってそういうサインだったんですね。

 

先輩方。

本当にお疲れ様でした。

そして、ごめんなさい。

興味本位であれこれ聞くことは結婚できない理由を探すことで、それは「だから結婚できないんだよ」を言わなくても、当人にとっては「犯罪者扱い」なんだと気付きました。

 

私はもう二度とそんな目で他人を見ない。

独身の人の悪いところを探さない。

 

独身は犯罪じゃない。

 

独身だっていいじゃないか。

完璧に「ほどよい人間」じゃなくてもいいじゃないか。

 

 

 

長々と書いてしまいましたが、以上が「独身は犯罪」に関する私の見識です。

 

ああこれを読んだ人々の声が聞こえる。

 

 

 

 

 

「こんなブログ書いてるから結婚できないんだよ」

 

そうですよね本当にすみません(にっこり)